包茎の何が問題なのか

包茎の何が問題なのか

落ち込んだ男性の後ろ姿

包茎とは、男性は成人になると、ペニスの先端の皮が後退し、亀頭が露出しますが、成人に達しても皮をかぶった状態のことをいいます。日本人の6割は包茎といわれ、子供の場合は殆どが皮をかぶった状態です。

 

包茎であることは、決して病気ではありませんが、そのことでコンプレックスを持ち続けている方が多いのも事実です。問題として考えられますのは、亀頭が十分に露出していないことで、垢が溜まりやすく、雑菌が繁殖しやすいと言われます。

 

又、悪臭や亀頭包皮炎等の感染症を引き起こし、パートナーに迷惑をかけてしまうという結果にもなりやすいものといわれています。

 

亀頭は、SEXの時、女性が気持ちよさ、快楽を味わう重要なポイントで、女性器は、この出っ張りを認識できるようで、亀頭はSEXで重要な役割をしているようです。亀頭は、女性器の体に入り込み、クッションの役割をはたし、ペニスを出し入れをすることにより、快感を得られるといいます。

 

では仮性包茎の場合はどうでしょうか、勃起をした時に剥けるし、セックスも出来ますし、問題もないと考えている人もいますが、性交時不都合なことは、不衛生で刺激に弱く、性交時では候の傾向があり、女性が気持ちよくなる前に終わってしまい、女性に十分な喜びを与えられないことがありますが、一番の問題は精神的な問題です。

 

包茎を治すには、高校生ぐらいですと、皮を剥き、亀頭を出しておくことで治すことが出来ますが、成人に達しますと、手術しかないようですが、その後の精神的なことを考えますと、十分なメリットがあります。

包茎だと包皮が切れやすい状態になる

包茎を見られることが恥ずかしくて女性と性交渉ができないほどコンプレックスになっているという男性は多い。自分の力で治すことが出ない包茎は、手術をするなどの治療が必要です。包皮が切れやすい状態が続いている場合は、感染症の可能性があるので早めに病院で診てもらいましょう。

 

包茎には様々なデメリットがあります。亀頭に皮が被さっている状態だと、そこに垢やカスが溜まりやすく不衛生な状態が続きます。するとその影響で炎症がおき、感染症になりやすくなってしまうのです。

 

包皮が切れやすいという症状が現れている場合、カンジタ症という性病になっている可能性があります。カンジタ症にかかると包皮が切れやすい、または裂けるという症状が現れることがあります。

 

その他の性感染症でも、カンジタと同様、包皮が切れやすいなどの似た症状が現れることがあるので、気になる場合はカンジタ症も含め、その他の感染症検査も同時に行いましょう。

 

カンジタ症になると、包皮が切れやすいという他にも様々な症状が現れる場合があります。ペニスが痛痒かったり、亀頭部分や包皮の内側にカスが出るようになったり、ペニスに水泡ができたりなど、どれも不快なものばかり・・・。

 

そのような症状が出て困っている場合、自己判断はせず必ず病院を受診しましょう。性感染症にかかりやすい人は包茎を治療するというのもひとつの手段です。いらない包皮を取り除くと清潔になり、感染症にもかかりにくくなるというメリットがあります。

包茎の何が問題なのか関連ページ

包茎に関する注意点
男性の中で自分が包茎であることを悩んでいる方は少なくないと思います。果たして包茎は病気なのでしょうか。もし自分が包茎であった場合、何らかの治療や手術が必要なのでしょうか。あまりにも心配である場合には一度お医者さまにご相談された方が良いかもしれません。
包茎のコンプレックスは手術をして解消
性器に関するコンプレックスを持っている男性は、少なからずいます。大きさや太さといったサイズに自信がなく、早漏などといった性行為に関するコンプレックスもあります。