包茎に関する注意点

包茎に関する注意点

旦那さん

男性の中で自分が包茎であることを悩んでいる方は少なくないと思います。果たして包茎は病気なのでしょうか。

 

もし自分が包茎であった場合、何らかの治療や手術が必要なのでしょうか。あまりにも心配である場合には一度お医者さまにご相談された方が良いかもしれません。日本人男性の場合、包茎である方は半数以上に及ぶとも言われています。

 

しかしながらマスコミなどでは包茎であることが何らかのマイナスポイントであるかのように語られることも少なくありませんので、何らかのコンプレックスをお持ちの方もいるのではないでしょうか。実は包茎には仮性と真性の二種類があると日本では言われています。

 

仮性包茎の場合は勃起時に亀頭が完全に露出しないのですが、指等によって放屁を向くことが可能である場合です。真性の場合は勃起時に亀頭が完全に露出せずかつ指等によっても包皮を剥くことができず、場合によっては苦痛を伴うこともあります

 

この場合には正常な性交が困難な場合もあり、また亀頭の露出が不完全なために十分な刺激を受けることができないために付随的な困難を伴います。

 

また、包皮の口が狭い場合には勃起時に亀頭を締め付けてしまうこともあり、こうした場合には外科的手術による治療を受けられることをおすすめします。

 

ほとんどの場合、仮性であっても日常的には何ら支障がありませんが、真性の場合には医師の診断が必要ですので気になる方は一度診察を受けられた方が良いと思います。

包茎手術で泣き寝入り

トイレで頭を抱えるメンズ

男性にとって包茎は恥ずかしくコンプレックスです。残念ながらそれにつけこむ悪徳クリニックも存在します。勇気を振り絞ってメンズクリニックへ行き、治療を受けたはいいが、自分が満足行く結果が得られなかったという例もあります。

 

例えば、包茎手術をしたのがわかってしまうほどの傷ができてしまった、自然な仕上がりにはならなかったという失敗例もあるのがとても残念です。

 

自分のコンプレックスをなくし、自信を手に入れるため、高いお金を払い、痛みにも耐えたのに満足いく仕上がりではないということになったとなれば泣き寝入りするしかないのでしょうか。

 

カウンセリングに行ったらどんどん値段を吊り上げられ、思っていた金額よりかなり上だった、などという金銭トラブルもあります。どんなに気をつけていても、運が悪ければ悪徳クリニックにあたってしまいます。そうなった時に泣き寝入りしないためにはどうすればいいか、今後包茎手術を受ける人は是非参考にしてください。

 

高額な料金を払ってしまった場合はクーリングオフをしましょう。よく考えてみたらこの値段は納得できない!となれば、契約をしてから数日間の間に申し出るというのがクーリングオフです。

 

しかし、こういったトラブルを防ぐためには、まず最初に見積もりを取るようにしましょう。もしも包茎手術当日になって突然医師が「追加の治療が必要」などと言ってきても、またよく考えてから手術をしたいと申し出るのが一番。泣き寝入りするような事態を防ぐには事前のリサーチが重要です。

包茎に関する注意点関連ページ

包茎の何が問題なのか
包茎とは、男性は成人になると、ペニスの先端の皮が後退し、亀頭が露出しますが、成人に達しても皮をかぶった状態のことをいいます。日本人の6割は包茎といわれ、子供の場合は殆どが皮をかぶった状態です。
包茎のコンプレックスは手術をして解消
性器に関するコンプレックスを持っている男性は、少なからずいます。大きさや太さといったサイズに自信がなく、早漏などといった性行為に関するコンプレックスもあります。