包茎手術を受け完全に包茎を断つ為に何日仕事を休む必要があるのか?

包茎手術を受け完全に包茎を断つ為に何日仕事を休む必要があるのか?

包茎で悩んでいる男性の悩みを解消するには手術をするのが最も確実な方法です。しかし、包茎手術を受けるにしても仕事をしている人ですと、何日程度仕事を休まないといけないのか気になるのではないでしょうか。そこで包茎手術を終えた後には、何日程度の休暇が必要なのか調べてみました。

 

・包茎手術後には何日休むべきなのか

 

包茎手術は日帰りできる手術ですので、翌日から仕事ができると考える人も多いようですが、実はそうではありません。何故ならいくら日帰りの手術といっても、患部にかかる負担は大きいからです。

 

特に術後2日から3日程度は、術後の痛みがかなり出るケースも少なくありません。手術をする前に局所麻酔を使用しますので、術中に痛みを感じるはないのですが、麻酔が切れた後からが本番だと言えます。

 

暫くは鎮痛剤を使いながら生活をしなくてはいけないくらい痛みが出ますので、翌日に仕事をするのはかなり無理があるでしょう。仮にデスクワークの仕事をしているとしても、術後2日から3日は安静にすべきです。

 

例えばですが、金曜日に手術を受けて、土日をはさんで月曜日に出勤するというようなケースが具体的な例かもしれません。

 

・肉体労働の人はもう少し安静にすべき?

 

特に肉体労働をしている人は安静にする期間を長めにとることをオススメします。何故、肉体労働だと休暇を長くとる必要があるのかと言うと、身体を動かす仕事であれば、汗もかきますと下着の中もむれやすくなり、患部に負担がかかることも多いからです。

 

下着の中の湿度が高くなり、体温も上昇する形になると、当然ですが雑菌も繁殖しやすくなります。手術の傷跡から雑菌が感染すると、炎症を起こしてしまうリスクが高くなるでしょう。

 

さらに、患部に負担がかかると縫合した部分が開いて出血する可能性もあるのです。ですので、肉体労働をされている場合は長期休暇などを利用して、手術をした方が良いでしょう

 

・過敏症で悩まされるケースも多い?

 

特に包茎手術を受けた後に悩まされるのが亀頭の過敏症です。包茎から亀頭が露出した状態になることで、これまで包皮によって保護されていた部分が摩擦にさらされることになります。

 

下着にかるく擦れてしまっただけでも、過敏に反応してしまいますので、このかゆみにも似た痛みに耐えなくてはいけません。

 

特に手術直後は亀頭の組織もまだまだ粘膜のままですので、相当な痛みが出ると予想されますので、そうした意味でもすぐに復帰するのは難しいでしょう。

 

デスクワークの方ならまだマシかもしれませんが、肉体労働の方ですと怪我をする可能性もあるので、十分な休みをとるようにしてください。

包茎手術を受け完全に包茎を断つ為に何日仕事を休む必要があるのか?関連ページ

安全な包茎手術を受ける為に
それぞれの性別によって特有の悩みがありますが、男性の場合の悩みとして挙げられるのが包茎です。 包茎の場合、汚れが溜まり易くなってしまいますし、それによって病気も発生する可能性が高くなります。
包茎手術の費用
包茎では温泉などでも恥ずかしさから堂々とできないこともありますし、女性に対しても自信をなくしてしまうこともあります。以前では包茎手術には高額な費用が必要でしたが、現在では低価格で手術ができるクリニックが増えています
根部切除法とは?
包茎手術の1つに根部切除法というものがあります。あまり知られていない手術になるのですが、その理由も含めて詳細を解説していきましょう。