包茎のコンプレックスは手術をして解消

包茎のコンプレックスは手術をして解消

性器に関するコンプレックスを持っている男性は、少なからずいます。大きさや太さといったサイズに自信がなく、早漏などといった性行為に関するコンプレックスもあります。

 

しかし、男性器のコンプレックスで多いは、包茎に関することでしょう。包茎だと子どもっぽく見えてしまい、女性に対して恥ずかしいと覚えるものです。また、周囲の男性に対しても恥ずかしさは覚えるので、学校で着替えをするときにもコソコソとしてしまうものです。

 

一たび周囲に包茎であることがバレてしまうと、馬鹿にされ、からかわれてしまうために必死に隠そうとします。ですが、必死に隠せば隠すほど怪しまれてしまい、包茎だと噂される結果になりかねません。

 

ここは包茎を隠すよりも、手術をして治療をするのが一番といえるでしょう。手術をしてくれるクリニックは、雑誌やスポーツ新聞にも広告が掲載されています。男性が手に取る媒体なら必ずといっても良いほど掲載されているので、すぐに目に付くはずです。

 

クリニックで手術を受けて包茎が治ると、これからはコソコソする必要はありません。着替えるときにも堂々と見せつけることができて、女性の前で恥ずかしさを覚えることもないでしょう。

 

今までと違って自信も持てるようになり、男性としての魅力もアップするはずです。包茎は、たかが男性器のコンプレックスと思ってしまうものでしょう。しかし本人にとっては大きな悩みなので、手術をして解消してください。

激痛を伴う包茎手術

包茎手術を受けた場合、手術内容によって異なりますが、激痛が伴うという話を耳にします。ほとんどが入院の必要はなく、日帰りが可能で、手術時間も短いことからリスクはないと思われているかもしれませんが、包茎手術だけではなく、どんな簡単な手術でもリスクは伴います。

 

包茎手術の場合、デリケートな部分にメスを入れるので痛みは伴います。ただ、これには個人差があります。激痛だったという人もいれば、痛みを感じなかったという人もいるので一概には言えません。

 

包茎手術で痛みを伴うのはどんな時かというと、まず麻酔の時です。局所麻酔で包茎手術を行う場合、まず麻酔注射を行いますが、その時に痛みを伴います。デリケートな部分に注射をするということで、人によっては他の部分よりは敏感に痛みを感じやすく、激痛だったという人もいます。

 

麻酔がききはじめたらいよいよ手術の開始ですが、麻酔が効き始めてからはまったく痛みはありません。もちろん、切ったり縫ったりしている時の痛みはないので安心してください。

 

次に痛みを感じる可能性があるのは、術後麻酔が切れてからです。当日は激痛だったという人がいます。痛みを伴う場合は仕事を休んでなるべく安静にしていましょう。その他で痛いといえば抜糸の時です。

 

溶ける糸を使用している場合は抜糸をする必要があり、デリケートな部分ということで場所によっては激痛だったという人もいます。今は痛みに対して配慮している病院が多いのでそれほど心配する必要はありません。

包茎のコンプレックスは手術をして解消関連ページ

包茎に関する注意点
男性の中で自分が包茎であることを悩んでいる方は少なくないと思います。果たして包茎は病気なのでしょうか。もし自分が包茎であった場合、何らかの治療や手術が必要なのでしょうか。あまりにも心配である場合には一度お医者さまにご相談された方が良いかもしれません。
包茎の何が問題なのか
包茎とは、男性は成人になると、ペニスの先端の皮が後退し、亀頭が露出しますが、成人に達しても皮をかぶった状態のことをいいます。日本人の6割は包茎といわれ、子供の場合は殆どが皮をかぶった状態です。